教授アポイント送信

Pocket

今朝方、教授へのアポイントメールを送信した。USFとStanfordに


送信にあたっては、返信率を高めるためにゴメス君の記事や他の英語のサイトに書かれていたアドバイスを元に、下記点に注意した。

  • 土日にメールは送らない。土日は休みだからそもそも教授はメール見ないし失礼
  • 月曜日にもメールは送らない。土日で溜まったメールを一気に見返すため、その他のメールに埋もれて読んでもらえない可能性高い
  • 平日午後なら基本的に大丈夫(現地時間の)
  • CCに教授の秘書のメールアドレス(たいていは教授へのコンタクト欄の下に記載されている)を入れると返信率が高まる
  • メールのフォントはArial, Times New Romanなどで11-12pt
  • メールのタイトルを入れる。「Appointment, Prospective Graduate Student」など

というわけで、USFとStanford, MITにメールを送信するため、平日昼休みあけの13:00に届くように送信時刻を調べる。

  • サンフランシスコ:午前5時
  • ボストン:午前2時
  • という、かなり時差を反映した結果となった。この時間には起きていないよなぁと思い、予約送信を試みる。Macの純正メールアプリで時間指定メールを送信する方法に記載されており、まずは自分宛にテスト送信してみたがうまく行かず。。。ここで躓いてしまったら元も子もないから予約送信はリスキーかな。と思い、断念

    結局、StanfordとUSFには今朝起床後6:30(現地時刻14:30)に送信した。ちなみにMITのメールを送る教授には秘書のアドレスも記載されてたが、StanfordとUSFには記載されていなかった。

    8時間程度たったが、まだ返信は来ず。。orz 10月に研究室見学のアポイントも兼ねているだけに返信が是非気てほしいものだ。すでに飛行機予約済

    Graduate schoolへのappointmentメールは、基本的に3,40通に1通返信が来るかこないか程度(もちろん内容による)なので、返信来なくても全然不思議ではないが、やはり来てほしいものだ。ゴメス君は、志望順位の低い大学院から手紙を送って返信の有無を見て、メール内容を修正して次の大学院に送信というのを繰り返したみたいでそこまで詰めてやるのには脱帽である。自分は一気に送ってしまった。

    今日は救急当直なので、MITには午前2時にメール送信できそう

    ちなみにStanfordに送ったメールは下記

    Dear Professor ◯◯,

    My name is Kazutaka Yoshinaga and I am working as a physician at Keio University, Japan. I am interested in the MS and Ph.D. programs in Fall 2016. I appreciate this chance to write to you, whom I have been greatly respecting for your inspiring research. Thus I am very grateful for your taking time to read through this letter.

    I am particularly interested in 相手の研究内容 which is described in your paper. The way your laboratory focuses on applied statistical modeling and prediction problems in biology, genomics, and medicine is very unique, and I seek to gain proficiency in data mining in medical field at your lab. I am interested in the following research projects described below, as well as those already ongoing in your research.

    1) I would like to develop a risk-analyzing system which automatically evaluates disease risk from patient data. This system calculates the disease risks, its optimal treatment and predictive prognosis from patient data such as age, sex, physical data and preexisting conditions. Also, it would extract similar cases from previously accumulated data and predict what physicians would want to evaluate in the new case.

    2) Another thing I am interested in developing is an optimal interface that facilitates physicians intuitive and easy understanding. I find it unfortunate that many clinical data mining project has its bottleneck on the user-unfriendliness of its interface. Thus, I seek to use my coding ability to build a user-centered design for this predictive modeling system.

    I believe my stay at your lab would be of mutual benefit, for I can contribute to your laboratory through my passion to learn new things and my professional knowledge on clinical medicine which I already possess.

    I plan to visit Stanford on October 13th-15th, 2015. It would be very helpful if I could hear more about your lab in particular, and hopefully get in touch with some of your current alumni. Please kindly advise if it is possible for me to visit your laboratory at the proposed dates.

    Please find attached my curriculum vitae, and I am looking forward to hearing from you. Thank you very much for taking your time to read my message until the end. I understand that you have a busy schedule, and appreciate your time.

    Respectfully,

    Kazutaka Yoshinaga
    M.D., resident
    Keio University Hospital
    35 Shinanomachi, Shinjuku-ku, Tokyo 160-8582
    TEL: +81-90-5288-1153
    E-mail: kazutaka.yoshinaga@gmail.com
    Website: http://kazu-098.sakura.ne.jp/wordpress/

    また、添付したCVや、USF教授宛のメール本文には、自分の開発している薬ケースサービス:flixyを記載したので、flixyサイトも一時的に多言語対応した。少しでも印象づけてもらえるように。


    ちなみに、メールの下書きは帰国の友達に英語をチェックしてもらっていて原型はできていたものの、最終チェックで内容を読み返して、送信すべき時刻、メールタイトル、メールフォント、予約送信などなどを調べていると、すぐに2時間すぎた(汗

    Pocket