その他

血尿

血尿

尿検査 膀胱炎・無症候性細菌尿・腎盂腎炎 小児血尿: https://medicalnote.jp/contents/160104-000033-EWISBE 尿検査 3/HPF 以上の RBC が 2 つ以上の検体で見られること 。実際には沈渣で 5HPF 以上を有意な所見と捉えることが多い。 一回の検査で判断 せず必ず再検すること。 定性試験ではミオグロビンやヘモグロピン尿も引っ掛けてしま う ことに注意。 血尿の原因として 女性では尿路感染症、 男性では尿路悪性腫場 が最多 。 尿沈渣 赤血球円柱○、変形赤血球○→ 糸球体・ 間質性血尿 。最も多い原因はI gA 腎症。 変形赤血球 × や赤血球円柱×→ 非糸球体性血尿。 腎腫場、 腎血管性など 蛋白尿×→尿路由来の血尿。 他の 2 つがタンパク尿を伴うことが多いのに対し、こちらはタンパ ク尿を伴わないことが多い。運動後に血尿が出る場合もこれ。 ゴロ: I sit I:IgA腎症 s:stone I:infection t:tumor, trauma, toxin 検査 尿検査 潜血(−)→色素尿(+CK↑→横紋筋融解症) Mb尿・Hb尿は、尿潜血(+)にも(−)にもなる 尿潜血(+)だからといって腎泌尿器系の出血が有るとは言えない Mb尿は尿潜血(+)となるが、尿沈渣は陰性傾向(<5/HPF:High power fieldの略で、顕微鏡において400倍拡大した時の1視野)→Mb尿・Hb尿と血尿は尿沈渣で鑑別 膿尿(尿沈渣でWBC>5HPF)・細菌尿→UTI 亜硝酸塩:腸内細菌が窒素の還元をしている反応(尿内に腸内細菌が1000個以上あることを間接的に示唆) 血液検査 血算→貧血の程度 凝固:抗凝固薬服用の場合→凝固能異常の有無 腹部エコー 腎臓の解剖学的異常・水腎症 尿細胞診→膀胱がん 鑑別 月経周期に伴う→子宮内膜症 上気道感染後 直後→IgA腎症 約2w後→糸球体腎炎 排尿痛・残尿感・頻尿→膀胱炎・尿道炎 血尿タイミング 排尿中持続なら、どこからでも有り得る 突然の側腹部痛→尿管結石 発熱・背部痛・振戦→腎盂腎炎 筋肉痛・筋力↓・筋把握痛→横紋筋融解症 50歳以上の無痛性血尿→膀胱がん 喫煙・染料暴露・シクロフォスファミド長期投与 血尿中に血塊あり→尿路由来の非糸球体性血尿→尿閉が疑われる場合は尿カテ挿入し膀胱洗浄 身体所見 下腹部圧迫→膀胱炎では違和感 CVAT→尿管結石・腎盂腎炎 下腿の紫斑(palpable purpura)→血管炎 直腸診 前立腺圧痛→前立腺炎 前立腺腫瘤触知→前立腺がん 問診 既往:尿管結石・泌尿器系腫瘍 家族歴 社会歴 アルコール 職業(染料を使うか?) 性交渉歴 薬物 アスピリン・NSAIDs 抗凝固薬

吐血

NO IMAGE

内視鏡 喀血 血痰 呼吸困難 下血 初期対応 まずは血行動態の安定化→ 20G以上で2本の輸液。responderか否かの判定 1L bolusして、血ガスでHbの低下を評価 2以上下がる場合には、内視鏡・輸血の準備 1-2程度下がる場合には、もう1L輸液してHbの低下を再評価:脱水だったら2回目の輸液でそんなに下がらないが、出血している場合には再度1-2程度下がる PPI(オメプラゾール1A div)・不規則抗体 INR>3ならFFP投与で凝固補正してから ビタミンKはワーファリンを拮抗→即効性がない 消化管出血の場合は、FFP投与 輸血(宗教関連もチェック!) ・内視鏡同意書 肝硬変既往あり→CTRX 意識障害・酸素マスクが必要な低酸素血症→挿管考慮 輸血 緊急時はO型 Rh- 濃厚赤血球とFFPをそれぞれ10U投与しても反応がないときは、血小板輸血も10U(ITP・HIT・TTP/HUSには禁忌) RCC 2UでHb1.5↑、Plt 10UでPlt 3万↑が見込める 発熱・膨疹などの副作用には対処療法(ステロイド外用・抗ヒスタミン薬・解熱剤など)で対応 緊急内視鏡の適応 バイタルが不安定 activeな出血(NG tubeで新鮮血が引けてくるなど) 失神 重篤な基礎疾患(肝硬変・心疾患など) Hb<7 上記条件に1つも当てはまらなければ、内視鏡は翌日でも可 問診 吐血の内容 アルコール多飲歴 既往歴:PUD・肝疾患(HBV/HCV) 内服薬:頻脈を抑える薬・NSAIDs・ピロリ菌・抗血小板薬・抗凝固薬・ステロイド・SSRI・鉄剤 ピロリとNSAIDsの両方あると、吐血リスク10倍 最終EGD 気道確保:カヌラ?マスク?→マスクだとEGD出来ない 喀血 vs 吐血 喀血 (hemoptysis) 基礎疾患:肺疾患 随伴症状:エピソードに先行する咳嗽、呼吸困難、胸痛がある。血痰が何日も持続していることが多い。失血による症状(ふらつきとか)は少ない。黒色便は少ない。 性状:基本的には少量鮮紅色、ピンク色であり、黒い部分があっても一部のみ。泡沫状。 (下気道→気管〜呼吸細気管支:喀痰全体が血性、上気道→鼻腔〜咽頭〜喉頭:喀痰に線状の血液のみ付着) 検査:アルカリ性、白血球混在 仮死・窒息の可能性あり 原疾患 肺癌 結核 気管支拡張症 気管支炎 肺炎 吐血(hematemesis) 基礎疾患:消化管・肝臓疾患 随伴症状:嘔気・腹痛。黒色便を伴っていることがある。 性状:茶褐色〜黒色、食物残渣含む 検査:酸性 原因 PUD:30-60% 粘膜障害(GERD・AGML):20-50% 食道静脈瘤:10%→肝硬変既往を考える  食道静脈瘤 マロリーワイス:5% がん:2% 頻回嘔吐(頭蓋内疾患・腸閉塞・ACSなど) その他(逆流性食道炎・吻合部潰瘍・大動脈解離・AAA破裂・外傷etc) 例外 大量喀血では咽頭にたまった血液を嘔吐し、吐血みたいになることあり 吐血による誤嚥で呼吸器症状がでていることあり 後鼻腔からの鼻出血、口腔内の出血かもしれない。 治療 上部消化管内視鏡をやるタイミング 24h以内のEGDが推奨される コーヒー残渣様なら待機的内視鏡(<24h) 以下は12h以内に NG tube留置で新鮮血あり 循環動態不安定 Hb<8 WBC>12000 外科的介入のタイミング 24h以内の6単位輸血の場合は、手術適応 出血が内視鏡で止まっていたら、外科的介入は待機 再出血のリスクがある人 aorto-enteric fistula IVR(血管造影) or 外科的介入か 論文では止血の有意差なし signle EGD + high dose PPI と2nd look EGDで、有意差なし ルーチンの2nd look EGDは推奨しない 2nd look surgery 24h - 48h以内に行う NG tube 偽陰性:15% バイタルサインの方が有用 バイタルが狂うのは最後なので、まずNG tubeでモニター NG tubeで赤い血が引けたら、high risk 16-18Fr あくまでnon varixの場合 varixの場合は早急にEGD on going の出血のモニター

ハワイ旅行

NO IMAGE

8/11〜8/15まで夏季休暇でハワイ旅行に行っていました。今、帰国してブログ更新しています 仕事や留学準備を完全に忘れて休息しようと思っていたので、旅行中は留学準備やPCでの作業は一切しませんでした […]

Evernote電子書籍リリース

突然ですが、Evernoteの使い方に関する電子書籍をリリースしました! 無料(期間限定にするかもしれませんが・・・)で出しましたので、是非下記ボタンから購入してみて下さい。 実は、Evernoteの […]

Applicare優勝!!

医療系アプリ開発コンテスト「Applicare」で、優勝しました!! このコンテストは、医療系学生・工学系学生・デザイナーといった様々な分野の学生が1つのチームとなって、約2ヶ月間で医療アプリを開発す […]