ブロックチェーン

医療×ブロックチェーン⑦ まとめ・いろいろ考察

以上、医療×ブロックチェーンに関して、下記のように合意済み部分と解決されていない部分に分けて考えてみたが、全体的には技術的にもビジネスモデル検証的にもまだまだこれからという感じ。 解決 or 合意済み問題 ・医療データをon-chainに載せない ・コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用しない 解決されていない部分 ・クローズド or パブリック? ・どのコンセンサスアルゴリズムを用いるか? ・デ […]

医療×ブロックチェーン⑥ ビジネスモデル

インセンティブ設計・ビジネスモデル問題 大前提として、ブロックチェーンを用いたからといって、ヘルスケア分野でインセンティブ設計を構築するのはとても難しい。 同じクローズド型のブロックチェーンとして引き合いに出されるのが金融機関だが、金融機関はブロックチェーンを導入することで「現在の送金コストを削減できる」というコストダウンの明確なメリットがある。特に国際送金は、現状では多くの銀行システムを介して行 […]

医療×ブロックチェーン⑤ 医療データ標準化問題

医療データ標準化問題(異なる電子カルテ間の医療データ互換構築問題)   多くの医療系ブロックチェーンで記載されている「研究者が患者データを集計・分析するために患者に対して仮想通貨を支払う」というビジネスモデルを成り立たせるためには、患者データを容易に集計できなければならない。   具体的には、検索クエリを投げたとき(例えば「HbA1cが7-8の間にある人で、メトグルコを内服している人」など。文章検 […]

医療×ブロックチェーン④ 医療データ保存問題

医療データ保存問題 ブロックチェーン上に医療データを載せない場合、医療データをどこに保存するか問題が生じてくる。これは個人情報保護の観点からも重要である。   大きく3つの方法がある   1)1つのクラウドストレージで一元管理 これは、AWS、Dropbox、Google Driveなどと同様に、サービスを提供する1企業のクラウドストレージにデータを一元管理する中央集権的管理である。 この場合、標 […]

医療×ブロックチェーン③ コンセンサスアルゴリズム

  このようにクローズド型、パブリック型、どちらも長所と短所があるため、医療系ICOの中でもスタンスが分かれている。   例えばMedRec(MITメディアラボとベスイスラエル病院とで、ブロックチェーンベースの電子カルテを実証実験中)は、実証実験の結果をもとにプライベート型採用を決定しており、ドキュメントに下記のコメントを残している。 only registered healthcare prov […]

医療×ブロックチェーン② クローズド or パブリック?

ここまでで合意済み部分のまとめは終わり。以降、合意されていない部分について見ていく 1)クローズド or パブリック? 2)どのコンセンサスアルゴリズムを用いるか?   先ほど医療系ICOではPoWを採用していないと述べたが、それではどのようなコンセンサスアルゴリズムを採用しているのか?という話になる。 ここから先は面白く個々のプレイヤーで異なっているので、各々見ていく。これに関しては、ブロックチ […]

医療×ブロックチェーン書きたい放題① 現状の医療データの課題

9/12に「医療×ブロックチェーン勉強会」に参加しました。MediBlocという韓国の医療系ブロックチェーンの社長を呼んでのプレゼンでした。 参加して自分のブロックチェーンに対する理解が浅いと感じたので、勉強し始めたところ結構ハマったので備忘録的にまとめてみました(この長さは、まとめられていないか。。) まだ理解が浅い部分や間違えている部分があると思いますので、気づいた方はぜひコメントお願いします […]

アフター・ビットコイン:ブロックチェーン技術の何がすごいのか?

after bitcoin

今回は、「アフター・ビットコイン―仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者―」の本の感想です。 結構前に購入していて、読もうと思ったきっかけをすでに忘れてしまったのですが、確か、たまたま読んでいたブログで、「ビットコインが無条件に礼賛されている風潮があるけど、実際のところブロックチェーンが通過の未来を変えうるかに関して、デメリットも踏まえて説明されていてよかった」というような内容を見て、読んでみよう […]