レアジョブ英会話

思い立ったが吉日ということで、昨日レアジョブに申し込み、無料体験を行った。

レアジョブとは、Skypeを利用したオンライン英会話サービスの1つで、フィリピン人講師を相手にSkypeで英会話を行うものだ。毎日25分で月6000円弱と格安なのが魅力である。

自分の先輩後輩で既にレアジョブでspeakingの練習をしている人がいたので、自分も始めて見ることに。


無料体験では、自己紹介ののち

「では、今からSpeaking能力を測るために、いくつか質問します」と言われ、「外国人に紹介したい日本の文化・好きな食べ物とその理由・現在の職業となぜそれを志したか」といった質問がとんできた。

英会話終了後に講師からの評価・アドバイスが来た。

「日常会話に支障はないです。minor grammar mistake+reservedなのでもっと自信を持って話しましょう」とのこと。reservedに関しては、中々抑揚をつけて話す事ができないので、確かに前からの課題である。


実際に受講しての感想は

  • 普段英語を使う機会がないので、外国人との英会話が新鮮で楽しい
  • フィリピンの講師の方々は、講師だけあって英語が上手(もちろん各々でレベルの差があるが、間違った文法やこちらが聞き取りにくい発音などは少なくともない)
  • フィリピン人の英語のspeaking能力にビックリ!日本人も負けていられないなと(若干の危機感)
  • 起床後に25分(自分は6:30-6:55)などと自分で時間を決めておくと、朝早起きしてリズムが作れる←これが思ったよりいい。朝ダラダラしないで済むので
  • レベル別・カテゴリ別(ビジネス英会話・TOEFL対策etc)にコースが用意されているのが嬉しい

  • などなど。あと、英語を上達させるには、自分がspeaking時につっかえてしまった表現(まだまだ自分は日本語で考えて英語に即翻訳して話すタイプ)は、その場ですぐにメモをとり、後でネットで言い回しを調べるのが必要なだと感じた。


    独学で英語speakingの練習の場合、英語を聞いてshadowingするのが大抵の場合だと思うが、メンタルが強くないとサボってしまう。なので、強制的に毎日speakingする時間を設けるのは悪くない選択肢だと思った。


    これで、向こうでの面接対策+TOEFL listening,speaking対策になれば一石二鳥!

    とりあえず毎日続けてspeaking力を伸ばそうと思う!