吃逆(しゃっくり)

風邪
 
診断へのアプローチ
  • しゃっくりの原因疾患は多岐にわたるが多くが自然に治る
  • 48時間以上持続する場合や病的な随伴症状を伴っている場合には、追加での精査を行う 
  • 胸部X線・血液検査はルーチン。それ以外は症状に合わせて検討
    • 血算
    • TP, ALb, AST, ALT, LDH, ALP, Γ-GTP, BUN, Cre, Na,K, Ca, Glu, HbA1c
    • 精査をしても原因が判明しない場合には、症状が消えていても脳MRIを考慮する。 
 
検査
  • 身体が跳ね上がるほどの横隔膜の痙攣があるかないか
  • 48時間以上続く場合は、「持続性吃逆(慢性吃逆)」「難治性しゃっくり」の可能性
  • 頻度の多い疾患として、上部消化管病変、脳血管障害、冠動脈疾患、外科手術後の障害、糖尿病など

治療
原因不明の時
1)  ドパミンD2受容体拮抗薬
  • プリンペラン錠5 [5mg1錠]  30mg分3 7~10日  
2)  フェノチアジン系
  • コントミン糖衣錠[25mg] 75mg/分3~200mg/分4 7~10日
3)  GABAアンタゴニスト
  • リオレサール錠5mg [5mg1錠]  10mg/分2~30mg/分3
吃逆
(出典:UpToDate:hiccups