逆流性食道炎 @GERD

逆流性食道炎オンデマンド療法
胃潰瘍
咳喘息
げっぷ
 
 
GERD 治療
  • ロサンゼルス(LA)分類
    • 重症度分類:グレード N、M、A、B、C、Dの6段階
  • PPIが第一選択(通常8wまで)、維持療法でH2RA考慮
  • 症状改善乏しい場合はEGD再検や外科的介入
 
NERD
  • GERDの中で、内視鏡の所見上、食道粘膜の障害を認めないもの
  • GERDと比較するとPPIの反応性は乏しいが、症状改善率ではH2RAよりもPPIの方が効果大きい→結局PPI
 
リスクファクター
LES圧低下
  • 脂肪食、カフェイン、チョコレート、辛い食べ物、炭酸飲料
  • 右側臥位、臥位
  • タバコ、アルコール
  • 肥満
  • 妊婦
 
症状増悪
  • 昼間に大きな声で会話(横隔膜の動きがよくなるため)
  • 前かがみ(胃の圧迫)
  • 食後横になった時(解剖学的に逆流しやすい姿勢)
 

治療
①生活指導
  • 減量就寝時の頭挙上のみ効果あり
  • 就寝2,3時間前の食事を控える
 
・脂っこいもの、甘いもの、刺激となるもの、消化の悪いものは控える
・お酒・たばこをやめる:LES圧を低下させる
・食べ過ぎない
・食べた後すぐ横にならない(食後3hは横にならない)
・肥満・便秘の解消
・前かがみは避ける、猫背にならない背筋を伸ばした姿勢
・寝るときは上体を高くする(Fowler体位)
腹圧の上昇は胃液の逆流を促す
・お腹をしめつけない。ベルトやゴムは緩くする
・重いものを持ち上げる作業や怒責を伴う作業は控える
 
胸やけ改善
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
②内服治療
標準量PPIの8週間投与
 
H2RA:内服後2.5hでピーク。4-10h持続
  • 夜間の酸分泌は強く抑制するものの、食事刺激のある日中の抑制効果は今ひとつ
PPI:内服後30分でピーク。食事30分前に内服
  • 夜間も日中も抑制効果が強い
  • 内服時間帯
    • 日中の胃酸分泌抑制を中心に考える→朝食前が好ましい
    • 夜間胃酸分泌抑制を中心に考える→夕食前や眠前が好ましい
 
③PPI抵抗性GERDの場合:PPIは服用してから3~5日間程度経過しなければ十分な酸分泌抑制効果が得られない
  • PPI標準量の倍量・1日2回投与
  • PPIの種類の変更
  • モサプリド(5mg 3T3X)や六君子湯の追加投与
→上記でダメなら24時間食道pHモニタリング施行,酸が十分に抑えられていない(pH<4)
モサプリド(ガスモチン):セロトニン受容体(5-HT4)作動薬
  • 5-HT4受容体に結合し、刺激することでAchの放出を促す→胃腸の動きを促進
  • 副作用:口渇感、下痢、腹痛、瞳孔収縮
 
 

GERDによる咳嗽
原因
  • 逆流した胃酸が、食道下部粘膜に刺激を与え、そこに分布する迷走神経を介して咳嗽を誘発
  • 逆流したい内容物が直接気道に誤嚥されることを繰り返して、気道に刺激を与え咳嗽を誘発
疫学
  • 最近は10-50歳代の若年成人にも多い
    • 食文化の変化:チョコレート、コーヒー、ケーキ、ココアなど、LES(食道下部括約筋)を弛緩させる食事をとる人が多くなった
症状
  • 食後の満腹時にゲップと一緒に乾性咳嗽が出やすい
    • 特に、ラーメン、うどん、そばなどの麺類を食べた後に多い
  • 夜間よりも昼間に多い
gerdスケール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スコア>8点でGERDの可能性↑
 

内視鏡所見
 
ロサンゼルス分類
非びらん性GERD(NERD)
  • N:正常
  • M:食道粘膜が白濁するだけの微小変化型
びらん性GERD(逆流性食道炎)
  • A,B:軽症
  • C,D:重症

 

LA分類N,M,A
LA分類bcd