輸血

 

輸液
 
目的:酸素を運ぶため
 
オーダー
クロスマッチ
  • 死んじゃう→緊急O型
  • やばい→ノークロス(8分)
  • そこそこ→生食法(15分)
  • 待てる→普通の方法(30分)
 
出血に対する戦略
  • 外科的止血を再優先
  • 出血量の軽減:IABP・ガーゼパッキング
  • 循環血液量の補正にはまず輸液
  • Hb:3-5g/dLを維持する輸血
    • 濃厚赤血球液は、粘性が高く不利
    • 輸血・膠質液は費用対効果が低い
    • 時間を稼ぐことで安全な輸血が可能
  • 凝固因子の補正は外科的止血完了後
    • 目標値:INR<1.5
  • 投与速度
    • 輸血事故を考慮し、最初の10-15分は1ml/分程度でゆっくり落とす
    • 即時型の輸血副作用がないことを確認したら、5ml/分で輸血(RCC 2Uで68分、濃厚血小板10Uで52分、FFP 2Uで60分)
 
出血量と使用製剤
出血量
使用製剤
循環血液量<20%
細部外液補充材を出血量の3倍
20-50%
血漿増量剤(HESなど)
50-100%
上記にRCCを追加, 適宜アルブミン製剤を投与
100%以上
FFPやPCを考慮
 
赤血球輸血
  • 慢性貧血
    • 輸血を行う1つの目安:Hb:7g/dL
    • Hb値を10g/dL以上にする必要はない
    • RCC 2U→Ht:4%上昇。Hb:80/BW上昇
  • 急性出血
    • 循環血液量(70ml/kg)の20%未満の出血(体重50kg:700mL以下)は、無輸血が原則
    • 出血量の2-3倍の細胞外液を輸液
輸血上昇Hb
 
輸血開始基準(Hb値):TRICC trial(1999)
  • 敗血症での輸血におけるヘモグロビン閾値を検討した多施設RCT
  • 輸血閾値をHb10 g/dLとして自由に輸血することに比べ、7 g/dLに制限しても予後は明らかに悪化しないばかりか、サブグループによっては死亡率が改善
  • →輸血のコストや限られた医療資源を考えると、敗血症性ショック患者で輸血閾値を9 g/dLとして積極的に輸血することはあまり推奨されず、7 g/dLとしても基本的には問題なさそう?
 
敗血症性ショック(Hb値):TRISS trial
  • 敗血症性ショックの患者において,90日死亡率,虚血性事象発生率,生命維持装置使用率は高いHb濃度(<9)で輸血を開始した患者群と低いHb濃度(<7)で輸血を開始した患者群とで同等であり,後者の方が輸血が少なかった
 
血小板輸血
  • PLT>5万以上あれば重篤な出血は稀で、手術に際しても輸血の必要性なし
  • PLT<1万:血小板輸血必要(しばしば重篤な出血あり)
  • PLT 10U:PLT3万上昇
 
新鮮凍結血漿(FFP)
  • 凝固因子の補充
  • 50kg:400-600mL
  • 凍結血漿投与量=BW✕12
 
アルブミン製剤
  • 補正は一時的効果しかなく回収率が悪い
 
値段
  • RCC 2U:17234円
  • 新鮮凍結血漿2U:17414円
  • PLT 20U:154523円
 
副作用
  • GVHD:放射線照射
  • 輸血関連急性肺障害(TRALI)
  • TACO
  • 不適合輸血による致死的溶血反応