肺炎_入院判断基準

 

肺炎CDR(clinical decision rule)
1)CURB-65
イギリス
 
C
Confusion
見当識障害
U
Urea
BUN>=19
R
Respiratory rate
呼吸回数>=30
B
BP
sBP<90 or dBP<60
65
Over 65
65歳以上
0-1点:外来
2点:入院
3-5点:入院・ICU入院
 
良い点
  • ER診療の基礎の「意識のABC」が含まれている
 
 
 

2)A-DROP
CURBを日本なりにアレンジしたもの
 
A
Age
m>=70, f>=75
D
dehydration
BUN>=21 or 脱水あり
R
respiration
SpO2<=90%, PaO2<=60Torr
P
Pressure
sBP<=90mmHg
0点:外来
1点:外来 or 入院
3点:入院
4-5点:ICU
 
弱点
  • 呼吸状態の把握について、呼吸回数ではなくSpO2を指標にしている
  • SpO2は呼吸回数を増やすことで簡単に代償されてしまうので、常に呼吸数と一緒に見る必要あり。
  • 肺炎はSpO2が下がる疾患ではなく、発熱とともに呼吸回数が上がる疾患
  • 成人市中肺炎診療ガイドラインの中に、30日間死亡リスクを評価に入れていない
(参考:ERのTIPs

PSI(PORTスタディ)
  • 同様に死亡率を知ることができる
  • CURB-65だけでは推し量れないような、外来か入院かのグレーゾーンな肺炎患者に有用
    • A-dropやcurb-65で1点隣、外来で良いはずなのにグッタリしている患者さんなど
  • 独居、高齢、医療アクセスなどを総合的に判断し、治療する場所は考慮する
    • 70点以上で入院適応→CAPであれば、基礎疾患なくても男性>80,女性>70で即入院適応考慮
    • あくまで低死亡率の予測、入院適応条件ではない
 
psi