出産後各種申請手続き(父親)は、区役所で約1時間で可能!?

昨日、出産後各種申請手続きを区役所で行ってきたので、効率よく手続きするには?について共有します。

出生届は生後14日以内の提出なので、父親がやるのがベスト。
これは、産後は母親は一週間は入院していて動けないのと、授乳で大変だから。

区役所の手続きでとても面倒だなと思っていたのですが、効率よく回ると意外とすんなりと1時間程度で終わりました。こちらの画像が分かりやすかったので添付します。

出産後手続き

以下の4つの出産後各種申請を、区役所でまとめて行うことができます。
1)出生届の提出
2)子供の健康保険加入
3)児童手当の申請
4)乳幼児の医療費助成申請

1から4の順番にやるとスムーズです。最初に1を行うと、区役所の係員に指示されて、自動的に2→3→4の順番でやることになります。

申請において必要なものは下記の4つです。
1)出生届(右半面の出生証明書に、医師または助産師による証明のあるもの)1通
 出産すると、病院で即日発行してもらえる(妻に発行してもらうようにお願いしておく)。また、こちらは、区役所に提出すると、原本は区役所で預かることになるので、必要であれば事前にコピーを取っておくと良いかも。
2)母子健康手帳
 産後、入院中の妻に面会に行った時に、出生届とともに受け取る
3)届出人の本人確認書類
 免許証、マイナンバーなど。顔写真付きの本人確認書類だと、子供の保険証をその場で受け取ることができる。そうでない場合は、郵送になる。
4)印鑑

他の人の処理家待ち時間にもよりますが、墨田区の場合は、1,2の申請で約40分でした。実質的な事務処理時間は15分ぐらいだったのではと。

1、2が終わると、次に3、4の手続きに入ります。こちらは、係員から渡される書類に記入するのみで、乳幼児の医療費助成はすぐに発行していただき、係員からの説明を含めても10分ほどで終わりました

役所の手続きは、 かなり時間がかかるイメージだったので、覚悟していたのですが、4つの手続きで1時間ほどで終わり意外とスムーズでした。もし、手続きの日に、前後に仕事の予定を入れている場合でも、行き帰りを含めて、2時間ほど時間を確保できれば、手続きできそうです。