泌尿器

蛋白尿

蛋白尿評価

腎不全の鑑別 尿検査 非病的 持続タンパク尿があるならば、腎疾患の精査を行う。 一方で生理的 タンパク尿の上限は 100mg/dl であり、これは蛋白定性 2+ (100mg/dl) まで。ゆえに 2 + 以上のタンパク尿は腎疾患 を疑う。 1)機能的蛋白尿 激しい運動の後・精神的に興奮した後などに、生理的タンパク質排泄量を超える蛋白尿が見られることあり 原因機序不明 2)起立性蛋白尿 臥位では蛋白尿が見られないのに、 立位や歩行時だけ 蛋白尿をきたすこと 思春期 に多い→ほとんどが予後良好で20歳代で蛋白尿を認めなくなる 腰椎の 前彎 (ぜんわん)との因果関係明らか(背中を20度ほど反らせて立位 前彎負荷すると蛋白尿見られる) 病的 大きく3つ。原因臓器の上から順に 1)腎前性(overflow型)蛋白尿 腎臓にやってくるタンパク質が多すぎるために処理しきれず、漏れてしまうタイプ ミオグロビン(分子量:17,000)→横紋筋融解症 ヘモグロビン(分子量:6,8000)→血管内溶血 Bence Jones蛋白(分子量:44,000)→骨髄腫 2)糸球体性蛋白尿 糸球体の濾過の破綻→アルブミン漏れ出てくる 一次性:糸球体腎炎(GN)・ネフローゼ 二次性:膠原病・DM・薬物中毒 3)尿細管性蛋白尿 β2ミクログロブリンなど分子量の小さいタンパク質は、糸球体を通過して尿細管腔に漏れ出るがほとんどは近位尿細管で再吸収される。 しかし近位尿細管障害があると、再吸収できずに漏れ出てくる Fanconi症候群、カドミウム暴露

血尿

血尿

尿検査 膀胱炎・無症候性細菌尿・腎盂腎炎 小児血尿: https://medicalnote.jp/contents/160104-000033-EWISBE 尿検査 3/HPF 以上の RBC が 2 つ以上の検体で見られること 。実際には沈渣で 5HPF 以上を有意な所見と捉えることが多い。 一回の検査で判断 せず必ず再検すること。 定性試験ではミオグロビンやヘモグロピン尿も引っ掛けてしま う ことに注意。 血尿の原因として 女性では尿路感染症、 男性では尿路悪性腫場 が最多 。 尿沈渣 赤血球円柱○、変形赤血球○→ 糸球体・ 間質性血尿 。最も多い原因はI gA 腎症。 変形赤血球 × や赤血球円柱×→ 非糸球体性血尿。 腎腫場、 腎血管性など 蛋白尿×→尿路由来の血尿。 他の 2 つがタンパク尿を伴うことが多いのに対し、こちらはタンパ ク尿を伴わないことが多い。運動後に血尿が出る場合もこれ。 ゴロ: I sit I:IgA腎症 s:stone I:infection t:tumor, trauma, toxin 検査 尿検査 潜血(−)→色素尿(+CK↑→横紋筋融解症) Mb尿・Hb尿は、尿潜血(+)にも(−)にもなる 尿潜血(+)だからといって腎泌尿器系の出血が有るとは言えない Mb尿は尿潜血(+)となるが、尿沈渣は陰性傾向(<5/HPF:High power fieldの略で、顕微鏡において400倍拡大した時の1視野)→Mb尿・Hb尿と血尿は尿沈渣で鑑別 膿尿(尿沈渣でWBC>5HPF)・細菌尿→UTI 亜硝酸塩:腸内細菌が窒素の還元をしている反応(尿内に腸内細菌が1000個以上あることを間接的に示唆) 血液検査 血算→貧血の程度 凝固:抗凝固薬服用の場合→凝固能異常の有無 腹部エコー 腎臓の解剖学的異常・水腎症 尿細胞診→膀胱がん 鑑別 月経周期に伴う→子宮内膜症 上気道感染後 直後→IgA腎症 約2w後→糸球体腎炎 排尿痛・残尿感・頻尿→膀胱炎・尿道炎 血尿タイミング 排尿中持続なら、どこからでも有り得る 突然の側腹部痛→尿管結石 発熱・背部痛・振戦→腎盂腎炎 筋肉痛・筋力↓・筋把握痛→横紋筋融解症 50歳以上の無痛性血尿→膀胱がん 喫煙・染料暴露・シクロフォスファミド長期投与 血尿中に血塊あり→尿路由来の非糸球体性血尿→尿閉が疑われる場合は尿カテ挿入し膀胱洗浄 身体所見 下腹部圧迫→膀胱炎では違和感 CVAT→尿管結石・腎盂腎炎 下腿の紫斑(palpable purpura)→血管炎 直腸診 前立腺圧痛→前立腺炎 前立腺腫瘤触知→前立腺がん 問診 既往:尿管結石・泌尿器系腫瘍 家族歴 社会歴 アルコール 職業(染料を使うか?) 性交渉歴 薬物 アスピリン・NSAIDs 抗凝固薬